就職するということ

就職とは、これからの人生を左右する最大のイベントのひとつです。
就職するということは社会人になるということであり、つまりそれまでの学生生活とは違って、自ら責任を負う立場として社会に参加していくことを意味しています。
学生はお金を払って授業を受ける立場でしたが、社会人となると今度はお金をもらう立場になります。
もちろんタダでもらえるわけではなく、社会人は仕事を達成することでその対価を得るということで、別の言い方をすれば、もらえる給料に相応しいだけの仕事を要求される責任ある立場になるということです。


就職は将来的な生活がかかった問題であり、誰もがいずれ直面する問題です。
そして就職はひとつの競争でもあり、働きたい人すべてが希望通りの職に就けるというわけではありません。
書類選考や筆記試験、そして面接など様々な試験を乗り越えなければならず、やはり相応の能力や発想を問われることは想像に苦労しないでしょう。


近年の就職率は回復傾向を示しているものの依然として厳しい競争状態となっていて、第一志望の企業に就職できる可能性は相当低いと考えるべきでしょう。
企業の規模を問わず、入学試験の比にならない程の競争倍率が待ち受けていると捉えておきましょう。
大勢の優秀なライバルと争うことになるのは必至で、さらに大企業となるとその人気は衰えることなく上昇し続けています。


あるリクルートサイトの就職意識調査では、内定率の回復などが影響し、学生の大手企業志向も伸びていることが示されています。
就職は学校の受験の何倍も難しく、険しいハードルであるということは間違いなくいえるでしょう。


▼特選サイト
就職活動を始めて行こうと思っている方向けの求人サイトです →→ 就職

Copyright © 2014 自分と向き合う就職 All Rights Reserved.